INVOYが適格請求書等保存方式(インボイス制度)に対応しました | OLTA株式会社

INVOYが適格請求書等保存方式(インボイス制度)に対応しました

INVOYが適格請求書等保存方式(インボイス制度)に対応しました

FINUX(フィナックス)株式会社(代表取締役社長兼CEO:澤岻 優紀、以下FINUX)は、クラウド請求管理サービスINVOY(インボイ)において、適格請求書等保存方式(以下、インボイス制度)対応の請求書の作成が可能となる新機能を追加しました。

■インボイス制度について
2023年10月よりインボイス制度の開始が予定されています。
インボイス制度では、売手が買手に対して正確な適用税率や消費税額等を伝える必要があり、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が必要となります。
インボイス制度開始後は、適格請求書発行事業者(登録事業者)のみが適格請求書を交付でき、仕入税額控除を受けられる対象になります。それ以外の請求書類では仕入税額控除が受けられなくなります。
詳細は、下記の国税庁サイトを参照ください。

【特集インボイス制度 | 国税庁】
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice.htm


■新機能の追加内容
2021年10月の適格請求書発行事業者の登録申請開始にあわせて、INVOYの「自社情報」及び「請求書」に、登録番号を設定できるようになりました。「自社情報」に設定された登録番号は、INVOYで発行される請求書に自動で記載されます。
なお、「登録番号」以外にインボイス制度で必要となる「適用税率」及び「消費税額等」の記載については既存の機能で対応しています。

登録番号は、税務署にて適格請求書発行事業者の登録申請書を提出し、税務署における審査を経て発行されます。適格請求書発行事業者の登録申請方法につきましては、下記の国税庁サイトを参照ください。

【申請手続き | 国税庁】
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice_shinei.htm

INVOYは今後も、中小企業・個人事業主の皆様のニーズと各種法制度に適切に対応するサービスで、デジタルトランスフォーメーションを促進します。また、多様な追加機能の提供を通じて、ユーザーの皆様の業務効率化とビジネスの成長を支援してまいります。


■INVOYについて
INVOYは、請求書・見積書・発注書・納品書・領収書の作成・発行・管理をすべて無料で行うことができるクラウド請求管理サービスです。
サービス提供以来、3年間で7万以上のユーザーにご利用いただいており、作成された請求書の累計発行金額は2,000億円をこえています。
シンプルで使いやすい操作画面でテンプレートも充実しているため、オリジナルの請求書が思い通りに素早く簡単に作成できます。毎月発行する請求書は自動作成機能で効率化も可能です。
※郵送代行サービスは147円(税別)/通の郵送実費がかかります。


■FINUX株式会社について
日本初のオンライン型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供するOLTA株式会社が、「あらゆる情報を信用に変え あたらしい価値を創出する」というミッションの実現を目指すべく設立した、戦略的子会社です。
クラウドファクタリングとは異なる切り口から、INVOYをはじめとしたWebプロダクトの企画・開発・提供を行っています。


■FINUX株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役社長兼CEO 澤岻 優紀
本社所在地:東京都港区南青山1丁目15-41 VORT南青山Ⅱ 3F
設立 :2018年1月
事業内容 :クラウド請求管理サービスINVOYの企画・開発・提供等
URL :https://www.invoy.jp/(サービスサイト)  


■OLTA株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役社長兼CEO 澤岻 優紀
本社所在地:東京都港区南青山1丁目15-41 VORT南青山Ⅱ 3F
設立 :2017年4月
資本金 :25億4,361万円(資本準備金含む)
事業内容 :クラウドファクタリング事業、与信モデルの企画・開発・提供
URL :https://www.olta.co.jp/ (サービスサイト)
    https://corp.olta.co.jp/ (コーポレートサイト)

ニュース一覧