「朝日新聞」に掲載 | OLTA株式会社

「朝日新聞」に掲載

「朝日新聞」に掲載

2020年5月13日、朝日新聞朝刊にて、中小企業の資金繰りを改善するOLTAのクラウドファクタリングが紹介されました。

以下、一部記事内抜粋です。
———
ファクタリング、頼る中小 代金受け取る権利を売り、資金調達 「素早い入金」に需要

「国の融資は時間がかかるので、つなぎとして利用したい」。売り掛け債権を買う東京都内のファクタリング業者「OLTA(オルタ)」には、こうした申し込みが企業などから相次ぐ。
4月の申し込み社数は前年比3倍。オンラインで手続きが終わる手軽さと数日後の素早い入金が売りだ。武田修一・最高戦略責任者(CSO)は「公的支援や銀行融資もあるが、それでは間に合わない人もいる」と話す。

たとえば、企業が100万円分の売り掛け債権をオルタへ売ると、5%の手数料なら95万円が入る。ただ、債権譲渡を登記するわけではなく、企業は取引先から100万円を回収してオルタへ返す。企業が代金を回収できなかった場合、オルタ側の損失になる。

手数料は1回2~9%。担保や保証人は不要だ。直近7カ月の入出金明細や決算書などを出せば、銀行の融資審査が通らなかった企業も使えるという。政府系金融機関への相談殺到など、資金繰り支援策が中小企業の要望にこたえきれないことが利用増の背景だ。

———

▼記事の内容はこちらからご確認いただけます。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14473680.html

▼OLTAはこちらからご利用いただけます。
https://www.olta.co.jp/

ニュース一覧